忍者ブログ

音楽、波乗り、ギターとかのはなし 最近は、Twitterで 呟いてます。 とても楽です(笑)
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[01/11 まいく]
[12/07 マイク]
[11/14 まいく]
[07/21 まいく]
[07/02 まいく]

06.26.11:54

あれから3年が過ぎた

3年前の6月に、仕事で左手人差し指を負傷した。

約1センチ程の肉(指)が剥がれて、白い骨がハッキリと見えた時は
もう二度と、ギターは弾けないだろなって思った。

生まれて初めて、救急車に乗って近くの総合病院に

痛さと気分の悪さで、意識が朦朧としてたら
救急隊員が「左手人さし指 欠損」って、無線で連絡してた。

あ~、やはり ギターは、二度と弾けない

よくても。。。。今までみたいには、弾けないだらうなって思うと

今までの、練習がなんだったんだろう。。。。

もっと、ギター弾くべきだったなって思った。

総合病院で、約4針を縫う手術

全治2ヶ月と医者が

でも、全治なんてのは

ありえないって、心で思った。


不思議なもので、悪いことは続く

たぶん、普段の行いが悪い人間に

神様があたえた試練。。。。(因みに、無神論者ですが)


同じ6月に、自宅で父親の介護をしていた

母親が、父親を風呂に入れてて

心筋梗塞で帰らぬ人に(救急車を呼んだ)

同じ6月に、2度目の救急車に乗車

動けない父親も、そのとき救急車で病院に

自分が喪主になっての、初めての葬儀

49日、一年、三年の法要をしながら

病院では、父親の介護

本当は自宅で介護できればいいけど

とてもじゃないけど

自分を含めて家人が持たない。。。。

そんな父親も

今年、3月に永眠した。

母親もそうだったけど

前日まで、普通に過ごしていた

突然、帰らぬ人に

親孝行は何一つ出来なかった

ただ一つの親孝行は

親より長生きできたこと

葬儀ができたこと

無事、49日も終えて

今がある。。。

一年の法要までに

色々な行事があるけど

分からないなりに、こなすしかないな



今、新聞やテレビでは

親が子を、子が親を殺める

事件が耐えない

とても、複雑な気持ちになるな






拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

ご無沙汰です

そうですか。
心から哀悼の意を表します(家宗から)

私も参加するのはやたら親類の葬儀が多いです。
お呼びがかかってるんですかね?

でもワンコを見送らないと逝けないんでもう少し頑張ります。
心身共に健康じゃないといけません。
ご自身の身体に十分お気を付け下さい。
-----

  • 2010年06月26日土
  • kiki
  • 編集

お元気ですか

ご無沙汰してます


生まれて来るのは偶然

やがて死ぬのは必然

僕の尊敬する
久住昌之さんの曲の歌詞が
しみじみと、分かる今日この頃です。

今、出来ることは今
今日、出来ることは今日

毎日を大切に
行きたいと思います。

またお店に、突然お伺いすると思いますが
その時は宜しくお願いします。

kikiさんも

暑い季節に向かいます
なにとぞご自愛ください

  • 2010年06月26日土
  • まいく
  • 編集

自由の筈

久住さんの曲の歌詞は


生まれちゃうのは偶然

やがて死ぬのは必然

その間は自由

みんな自由の筈なのに


って、歌詞でした。

宮沢賢治まではいかなくても(雨ニモ マケズ)


久住さんの歌詞のように

生きられたら

幸せでしょうね

  • 2010年06月27日日
  • まいく
  • 編集

今から告別式

高校時分からの知人が一昨日亡くなった

彼の奥さんも一昨年亡くなったばかり
まるで後を追うように死んでしまった

残されたご両親と子ども達のことを考えると
心が張り裂けそうになります

世の中には生きたくても病や障害で生き抜けない
人もたくさんいることを考えると
やはり死んじゃだめだ、と強く再認識しました

まして僕とも親しい夫妻が相次いで死んじゃうと
何とも言葉が見つかりません

生き物である限り死は必然ですが、生き急ぐ必要は
ありません

  • 2010年06月28日月
  • citron
  • 編集

今日を精一杯生きる

若いとか、老いてるとかは関係なく

明日、何時もの様な朝が訪れるなんてことは
誰にも分かりませんよね

今を、今日を精一杯生きる

最近、特にそう考えてます。

薄れて行く意識の中で
それなりに、良い人生だったな
なんて思える
生き方をしたいものです。

  • 2010年06月30日水
  • まいく
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら