忍者ブログ

音楽、波乗り、ギターとかのはなし 最近は、Twitterで 呟いてます。 とても楽です(笑)
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 1213 14 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[01/11 まいく]
[12/07 マイク]
[11/14 まいく]
[07/21 まいく]
[07/02 まいく]

08.10.20:11

リー・リトナー



ギターを始めたころ
所謂、クロスオーバー、ジャズ、フュージョン ブームの真っ只中でした。

初心者には難しい音楽でしたが、ロックよりお洒落に聞こえました。
バンマスが『今の流行は、ラリー・カールトンかリー・リトナーやで~』っと
いつも言ってました。
『そっか~ラリー、リーが流行りか・・・でも、どのレコードが良いんすか?』
『そりゃ~どれも、最高やがな~』っとバンマスは仰いました。

心斎橋三木楽器のレコード売り場で(今は無いんすよね)ジャズ、フュージョン・コーナーで
リトナーのジャケット(キャプテン・ジャーニー)が目に飛び込んできました。
よく分からんけど、カールトンの『夜の彷徨』とリトナーの『キャプテン・ジャーニー』を買いました。
今考えると、ギャンブルですね~内容も、予備知識も無いまま
安月給の僕は晩御飯を節約して買いました(笑)
でも、2枚とも予想以上に初心者の頭の中に衝撃を与えました。
特に、リトナーの完璧なギターのフレーズには・・・・
ただただ・・・・ひれ伏すしか無かった記憶があります。
『ダイレクト・カッティング』所謂、一発録りってやつですが
今そんな、無謀な挑戦をするミュージシャンもいないでしょう。
デジタルの時代ですからね~パンチインして・・・・ここを録り直して
ここの音消して・・・・それは、それで楽しいんですけど。。。。

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

Rit!

はい!リトナーネタなら食い付きいいですよ(笑)
僕は先に「Captain fingers」から聞き始めて
例のユニゾンの洗礼を受けました
あれから30年、今も永遠の目標ギタリストです

あと、ラリーのPoint it upも忘れられないですね
当時、クラスの文化祭で撮った映画のエンドロールバックにもこの名曲を使いました
映画ゆうてもビデオちゃいまっせ、8ミリに
アフレコという楽しい時代でした。

この頃

はホントにレコードでしたね。
この二枚は私も良く聴きました。
もう懐古趣味といわれるぐらい前のことですね。
レコードは引っ越すときに全て処分してしまいましたけど。

  • 2006年08月11日金
  • kiki
  • 編集

いまだに

両方のレコードとも健在です。
プレイヤーは最近、使ってないので無理でしょうけど・・・・・
ジャケットを見るだけでもレコードは楽しいですよね

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら