忍者ブログ

音楽、波乗り、ギターとかのはなし 最近は、Twitterで 呟いてます。 とても楽です(笑)
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[01/11 まいく]
[12/07 マイク]
[11/14 まいく]
[07/21 まいく]
[07/02 まいく]

08.12.22:14

プロフェッショナル

プロ、アマ

略すと軽くなるけど

プロフェッショナル

アマチュア

こうなると、全然次元が違う世界になる

どんな仕事でも

プロフェッショナルな仕事

アマチュアの趣味に分かれる


とくに、音楽はそのまんまである

プロフェッショナルなミュージシャンは
音楽に携わって生活している。

アマチュアは生業を持ちながら
趣味で、音楽を楽しんでる

ここで問題なのが、ギャンティーやチャージの話し

プロフェッショナルは、仕事なので
ギャラを頂いて演奏するのは当然

または、チャージを取って
ギャラに充てるのも当然

アマチュアが、ギャラを頂いたり
チャージを取るのは

???って思う

生活の為に音楽をしてる訳じゃないだろうし
楽しんで音楽してる筈なのに

なぜ??


それと、プロのミュージシャンのライブを依頼して
ギャラの話しで、ボツにのなる話しもよく有る

でも、よく感考えたら
どんな仕事でも、依頼したら
報酬を請求されるのは当たり前
ボランティアじゃないのだから

って事は、アマチュアはボランティアになる

ボランティアが、報酬を頂けば
ボランティアじゃなくなる

それは、もう仕事になる

仕事なら、もっと良い演奏しろよ
って、話しになる訳だ

プロに演奏を依頼したり、伴奏をお願いする場合は
ギャラが必要になる
ボランティアで演奏して下さるミュージシャンは居ない

って、事を僕を含めて
皆さんも自覚しましょう


あゝ、ピアニストへ支払うギャラは
トータルで、いくらになってるか
考えただけでも、怖くなる

どないしよ…>_<…

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら