忍者ブログ

音楽、波乗り、ギターとかのはなし 最近は、Twitterで 呟いてます。 とても楽です(笑)
10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12
RECENT ENTRY
RECENT COMMENT
[01/11 まいく]
[12/07 マイク]
[11/14 まいく]
[07/21 まいく]
[07/02 まいく]

01.16.00:05

素晴らしい!



僕が初めてジャズ・フュージョンに興味を持ったのは
ラリー・カールトンを聴いたときからです。
ジャズ=難解な音楽って思い込みから
全然興味が無かったな~
でも、ブルートレインのバンマス林さんが
『○○くん、カールトンはえぇで~一度聴いてみな』っと仰いましたから
心斎橋の三木楽器のレコードコーナーで一番目立つジャケットの
『夜の彷徨』を購入して家路につきました。
レコード針を落した瞬間に稲妻が・・・・・・『カッコイイ~何やコレ』
今まで聴いたことの無いお洒落なコード、程よい歪んだギター
一音として無駄の無い芸術的ギターソロ・・・・・・
その日から僕はジャズ・フュージョンの世界へ・・・(当時はクロスオーバーって言ってました)
翌日、本屋さんに行き初めて『ジャズライフ』を買いました。
その表紙には髪がまだあったラリー・カールトンが(ほんの少し薄くなってたけど・・・笑)
髪の毛振り乱しながらギター弾いてる写真でした。

カールトンはライブも観に行きました。
やはり芸術的ギターソロは素晴らしかったな~
そんな素晴らしいカールトンがむかし
『ロベン・フォードのギターは素晴らしい』っと
『ジャズライフ』のインタビューで言ってました。
素晴らしいプレイヤーはお互いに引き合うんでしょうか・・・・・
某スーパーギタートリオのように、けっしてギターで喧嘩はしません(笑)
楽しそうに音楽をクリエイトしてます。。。。


拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

禁じ手

僕はラリー・コリエルの「春の祭典」でしたね
演奏時間までオケとほぼ同じ、長丁場
ピアノで交響楽を弾くことはままありますが
ギター1本で、特に鉄弦ギターでクラシックと
いうのは、なかなかおりまへん。

  • 2007年01月16日火
  • citron
  • 編集

スタンディング・オベーション

って言うアルバムがありましたよね(間違ってたら・・・すんません)
何をやってるのか判らなかったけど
凄いこと演ってるな~っと思った記憶があります。

ラリーさん(コリエル)は、やはり凄いギタリストですね

  • 2007年01月17日水
  • URL
  • まいく・すた~んど
  • 編集

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら